カレント位置:HOME>VRをプレゼンや販促に活用しよう~建築業向けの360VR撮影はお任せ~

VRをプレゼンや販促に活用しよう~建築業向けの360VR撮影はお任せ~

商業施設やショールームの提案にもおすすめ!建築業界で注目の360VR撮影

商業施設やショールームの提案にもおすすめ!建築業界で注目の360VR撮影

↑画像をクリック↑

商業施設やショールームなどでお客様に快適な空間を提案する建築業界でも、VRは活用されています。視点を変えて360度見渡せるVRは、まるで自分がその場にいるかのような体験をすることができるのがメリットです。

システム開発からVR動画の撮影・制作までワンストップで対応する【株式会社ブルーライト】は、360VRコンテンツを核としたVRマーケティングの統合プランニングを行っております。日本で数少ない建築パース専門の会社として、フォトリアルなCGパースの表現力と臨場感のある360度VR空間で、お客様に「感動体験」をお届けいたします。

自社開発で取り組んできた360VRの技術、VR CloudPlay(特許申請中)は、VRコンテンツをPCやスマートフォン、iPadといった他設備に同期する機能があるため、ユーザーがどこを見ているのか営業マンもリアルタイムでわかるのが特徴です。

マーケティング活用に便利なFacebook、Twitter、Google+、LINEでの共有はもちろん、Google Analytics機能を標準に整備していますので、VRコンテンツの市場展開と分析に役立ちます。360VRに興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

実績

PGM株式会社
鬼怒川パークホテルズ
株式会社TGC
東急ホームズ
奥村組
グローバルベイス株式会社

プレゼンや販促にVRを活用するメリット

プレゼンや販促にVRを活用するメリット

↑画像をクリック↑

VRは、ビジネスツールとして様々な可能性を秘めています。例えば、モデルルームやショールームのカタログをVR化することで、完成後のイメージをユーザーにダイレクトに届けることができます。従来の図面や設計図だけでは伝えづらいものも、VRを使うことによって完成後のイメージを仮想空間で見せることができるのです。

リアルで具体的なイメージを伝えることができるため、ユーザーは実際の使い心地を体感でき、建設される場所からの眺望、周辺環境も見ることができます。カタログやパンフレット、ウェブサイトなどでは決して提供できない体験ができるので、プレゼンや販促にも大いに役立ちます。

またVRを使えば、モデルルームやショールームを建てる必要がないため、その分コストを削減できるのもメリットの一つです。モデルルームやショールームに足を運ばずに家の中を見ることができるので、購入を検討しているユーザーにもメリットがあります。このように様々な可能性を秘めたVRを、イメージ戦略として活用してみませんか?

360VRの動画を建築に活用するなら【株式会社ブルーライト】

社名 株式会社ブルーライト (blue light Co.,Ltd.)
住所 〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目30−23 ビルド吉田 9F
電話番号 03-6380-4600
FAX番号 03-6380-5718
メール info@blue-light.co.jp
設立 2015年
代表者

SHAOFENG WEI

(米国PMI 認定 PMP)

業務内容

AR・360度VRコンテンツ制作

建築・土木パース制作

アニメーション制作

マルチメディアコンテンツ制作

ドローン空撮

建築施工図・詳細図CAD作成

システム開発・コンサルティング

主要取引先

株式会社梓設計

株式会社大林組

株式会社安藤・間

三井デザインテック株式会社

株式会社三越伊勢丹プロパティー・デザイン 等48社

顧問税理士 税理士法人 たいら会計(税理士法人)
取引銀行

三菱東京UFJ銀行 新宿支店

三井住友銀行 新宿支店

業務提携

CGアニメーション 中国CG大手 CRYSTAL CG 大連支社

海外制作事務所 大連市沙河口区黄河路410号万達華府ビル2121
URL http://blue-light.co.jp/